政策

すみ隆仁ビジョンー

歯から笑顔の未来をつかもう

皆さま、こんにちは。
私は、この生まれ育ったふるさと千葉をより良くしたいとの思いで、 政治の道を志しました。
また、今までの仕事を通じた経験と理想から、「すべての皆さまに安心の医療・介護・福祉を」との決意を実現すべく、今日まで、微力ながら渾身の努力を続けて参りました。
皆さまの要望、私の千葉市政の思いを実現していきたいと考えております。
そこで、私は次の様な政策を訴えて、美浜区で市議会議員として新たなチャレンジをして参る決意を致しました。
何卒ご理解を賜り、ご支援、ご協力を頂載したく、伏してお願い申し上げます。

中学生までの医療費無料化!

千葉市こども医療費助成制度における保護者負担額は、平成26年度実績で4億4000万円(一般会計予算の約0.12%)、平成28年度実績で5億3380万円(同約0.13%)です。
これを市が助成して、6〜7億円(同0.15%)で無料化実現!

近隣地域からの、子育て世代の流入を見込みます。

口腔の健康維持増進により、医療費が削減されます。

千葉市立海浜病院改修の促進と整形外科入院診療の再開をはじめ、病床増床による経営の安定化!

千葉市立海浜病院老朽化に伴う改修・改築lま急務です。それにより、
①整形外科の入院診療を再開し、利便性を高めます。
②病院経営の安定化に不可欠であった、病床を増やします。

医療・介護・福祉従事者の育成機関・環境の充実!

施設を造る箱物行政のハード面も必要ですが、それ以上に、そこで働く従事者育成のソフト面が喫緊の課題です。

①県内にある看護師・歯科衛生士学科の定員を増やし、夜間コースを作るなど、入学しやすい環境を整備します。

②働きながら、ホームヘルパ一、介護福祉士の資格が 取りやすい環境を作るため、事業者と行政が一体となって推進します。

多くの人が集まる楽しい憩いの千葉市新名所として、千葉の港に水族館を誘致!

千葉市の新しい名所として千葉市、県外からも多くの方にお越し頂き、皆さんが楽しんでもらえる水族館を誘致します。

そして、東京湾の豊かさを、千葉市から発信します。

京葉線をもっと便利に!

(総武各駅停車の蘇我駅までの延伸、りんかい線との相互乗り入れ、武蔵野線の蘇我駅への直通運転!)

美浜区民の足の大動脈の一つ、京葉線の利便性を高めるため、総武各駅停車の蘇我駅までの延伸を推進します。
蘇我駅をハブ駅として、千葉駅で乗り換える必要がありません。りんかい線と武蔵野線の提言と合わせて、京葉線をもっと便利にして、住みよい美浜にして参ります。

市立小・中学校の冷房化を来年夏までに完全実施!

市立小学校は111校、中学校は55校あり、普通教室数は計約2400室に上ることがわかりました。
市の試算では、 全普通教室にエアコンを導入すると設置費用で66億円、運用費用が年間2億円程度と予想されています。早急な実現を目指して参ります。

液状化や津波対策など災害に強い、すみよい美浜を推進!

埋め立てである美浜区の液状化対策の推進を目指します。
海抜3M帯の美浜区の津波等の災害に強い街づくりを目指します。

教育環境の整備を推進!

先生の指導法や学校設備の充実など、ソフト・ハード面の整備を目指します。
地域コミュニティーと家族を大切にする教育も充実させます。